2chオーディオ
コンポーネントシリーズ

  • チェック
PD-70AE(S) CD愛好家に捧ぐ。

For CD lover ー
CD愛好家に捧ぐ。

Since 1980

CD規格誕生から、その長い歴史の中で生まれた名盤、メモリアル盤、コレクション盤の数々。パイオニアは、様々な規格・素材が登場する中、常に最適な高音質再生を求め、飽くなき開発を続けてきました。

PD-70AEでは開発をディスク再生に特化。そのために必要な物だけを残しオーディオ信号経路や供給する電源経路を極限までシンプルにすることで、音の純度をさらに高めています。
理想的なディスク再生のために、アナログ・デジタル両ブロック毎に大規模ディスクリート電源を採用。各ブロックへ純度の高い電源を最短で供給することで音のクオリティを基礎から徹底して高めています。 光ピックアップ制御技術のノウハウによる圧倒的なディスク読み取り精度と、当社オリジナルローダーとドライブ制御技術によって実現した回転音ノイズの抑制など、長年蓄積された技術をここに凝縮し、張り詰めた静寂と緊張感、ワクワクする躍動感の両立を実現しています。

今この時、パイオニアブランドの英知を全て盛り込んだSACDプレーヤーで貴方の大切な一枚を心行くまでお楽しみ下さい。

発売はハード・ソフト共1982年。

※発売はハード・ソフト共1982年。

オーディオ信号や必要な電源が、潤沢にロスなく伝わる最短経路を実現した内部構造。ディスクに刻まれたあらゆる情報を余す所無く再生することで、貴方のコレクションから新たな音の発見を引き出します。

オーディオ信号や必要な電源が、潤沢にロスなく伝わる最短経路を実現した内部構造

高精度な信号読み取りとD/A変換を追求したコアテクノロジー

圧倒的なディスク読み取り精度と重量級静音制振ドライブメカニズム搭載

パイオニアが長年積み重ねてきた光ピックアップの制御技術ノウハウを集約し、圧倒的なディスク読み取り精度を実現。制振黒塗装を施したハニカムメカカバーによるシールド構造CDドライブを採用し、ドライブメカと高剛性鋼板によるメカベースの固定は、減衰性の高いパルプ素材を挟み込んだフローティング構造としています。これにより、ドライブの内外に発生する振動を最小限に抑制し、剛性化と静音性の両立を達成しています。
圧倒的なディスク読み取り精度と重量級静音制振ドライブメカニズム搭載

静音・安定感抜群のアルミ製ディスクトレイ

ディスクトレイにアルミダイキャストを採用。剛性を高めドライブの動作をより一層安定させる設計を徹底しています。
静音・安定感抜群のアルミ製ディスクトレイ

圧倒的な高S/N感を実現するこだわりの高音質設計

圧倒的な高S/N、ローノイズ化を可能にする
768kHz/32bit対応ツインDAC 搭載

PD-70AEは、L・R 各チャンネルにESSテクノロジー社製高性能8ch DAC ES9026PROを独立搭載しました。各チャンネルそれぞれを8chパラレル駆動とし、高精度なD/A変換を実現。これまでにない高S/N、ローノイズ化を達成し、クリアで抜けの良いサウンドでありながら、しっかりとした厚みのある再現力を獲得しています。
圧倒的な高S/N、ローノイズ化を可能にする768kHz/32bit対応ツインDAC 搭載

D/A変換から出力までノイズを極限まで抑える、フルバランス回路を搭載

D/A変換から信号出力までアナログ全般を、L/R独立させたフルバランス回路で構成。外乱ノイズの影響を排除した高品位伝送を実現しています。バランス出力に対応したアンプとの接続では、伝送系の共通インピーダンスを極限まで抑えることができ、チャンネルセパレーションをよりいっそう高める効果を発揮します。また、RCA出力のon/off機能を搭載。RCA信号出力の電源をoffすることで、XLR出力の高S/Nと高セパレーションを実現しています。

バランス回路イメージ(Lch)

高音質カスタム電解コンデンサー搭載

SACD、CDの試聴を繰り返し選定した高音質カスタム電解コンデンサ-を採用。ディスクならではの力強さとダイナミックさを余すことなく表現し、安定感のある音を再生します。
高音質カスタム電解コンデンサー搭載

こだわりを凝縮した高音質筐体設計

徹底して高音質にこだわったオーディオ基板

オーディオ基板においては、L・R両信号の経路を、パターンからパーツの配置に至るまで同一に設計。これによりL・Rの信号バランスが徹底して保たれ、より正確な音像、優れたセパレーション再生に寄与しています。また基礎となる基板は、材料においても複数の試作と試聴を経て、音質に最良のものを選定しています。
徹底して高音質にこだわったオーディオ基板

デジタル/アナログ独立、ディスクリート電源

デジタル回路、アナログ回路にEI型トランス電源をそれぞれ専用に搭載。加えて、両回路に安定した電源を供給する電源基板もデジタル回路/アナログ回路それぞれ専用にディスクリートで構成。ノイズの無いクリーンな電源を、最適経路で供給し、純度の高い、濃厚なサウンドを実現しています。

デジタル/アナログ独立、ディスクリート電源

高音質化の基本となる、揺るぎない筐体を可能にする
「リジッドアンダーベース」採用の低重心設計

高剛性の筐体をさらに底辺から支える「リジッドアンダーベース」を採用。シャーシをより強固な2重構造とすることで、極めて高い制振性とともに低重心化を実現。また、外来ノイズを遮断する磁性体鉄板を内側に配したアルミサイドパネルを採用。細部にわたり外部からの振動を抑えるチューンを行い、ノイズの発生を抑える揺るぎない安定性を確保します。

ノイズ感の少ないクリアな低域再生に貢献する
「高比重真鋳製インシュレーター」を採用

 
高比重真鋳製インシュレーター

高品位アナログバランス端子と削り出しタイプRCA端子を装備

フルバランス回路により高品位伝送を実現したアナログバランス出力端子(XLR3タイプ)には試聴を繰り返して開発した高音質部品を採用(2番HOT固定)。アナログアンバランス出力on/off機能も搭載しています。また、アナログアンバランス出力には金メッキ削り出しタイプのRCA端子を装備しています。
高品位アナログバランス端子と削り出しタイプRCA端子を装備

好みのアレンジで音楽の新たな魅力を引き出す、
音質調整機能も充実

ジッターを抑えてよりクリアなサウンドに。
「LOCK RANGE ADJUST」機能を装備

DACのロックレンジ精度を調整してジッターを軽減する「LOCKRANGE ADJUST」機能を搭載。ロックレンジ幅を6段階で調整することができ、より正確な信号再生による音質の向上に威力を発揮します。

*ロックレンジ幅を狭めていくと、ロックがはずれ音途切れやノイズが発生する場合があります。

「LOCK RANGE ADJUST」機能

3つのモードで、音の違いを楽しむデジタルフィルター

デジタル信号特有の応答特性を改善するデジタルフィルターは「SHARP」「SLOW」に加え、「SHORT」の3つのモードから選択可能。楽曲や好みに合わせ、特性の異なるデジタルフィルターを切り替えることで、1つの楽曲で味わいの違う幾つもの表情を楽しむことができます。

ハイレゾファイル等ディスクに記録されたアルバム名、
曲名の表示に対応した本体ディスプレイ

PD-70AEでは、CD-R/RW、DVD-R/RW、DVD+R/RWに記録されたWAV/FLAC/Apple Lossless/AIFFの192kHz/24bitファイルやDSDの5.6MHzファイルまでの再生が可能。合わせて、アルファベットから日本語の表示まで対応したディスプレイを採用。SACDやDSD等の音楽ファイルを記録したディスクを聴きながら、アルバム名や曲名を表示、確認することができます。
「LOCK RANGE ADJUST」機能

DSDは、多くのスタジオでマスターサウンドの収録に用いられている方式。
その魅力は、より原音に近い高音質再生。

SACDやDSDディスクは、なぜ高音質でより原音に近い音の再現が可能なのか。その理由としてCDなどに比べ音楽信号の録音・再生のプロセスがシンプルであることが上げられます。さらに単純にスペックだけでその音楽性を語ることはできませんが、DSD(Direct Stream Digital)は、音声信号の大小を1ビットのデジタルパルスの密度で表現する方式で、再生周波数は100kHz、ダイナミックレンジ120dBを実現しています。これは、CDが可聴帯域を基本としているのに対し、DSDは自然界の音をそのまま記録・再生できることを意味し、高音質でよりアナログに近い再現が可能です。

DSD(Direct Stream Digital)

DSDは、アナログ信号のレベルが高い部分ではパルスが密になり、低い部分では少なくなります。空間を伝わる音の疎密波、つまり原音に近い形になるため、忠実な再現が可能になります。

DSDディスクとは?

音質にこだわったACインレットタイプ極太電源コード付属

パイオニア製ネットワークオーディオプレーヤーやインテグレーテッド
アンプ経由でスマホから快適な操作を実現できるSR接続端子搭載