スピーカー

ピュアモルトスピーカー 芳醇なる音、深き森の中より。

商品特長

S-PM300は、樽材による高剛性エンクロージャーの特性を最大限に引き出すためのサウンド設計において、さらなる正常進化が企図されています。スピーカーユニットにはアラミド繊維を使用した10cmウーファーをダブルで搭載し、キャビネットの容積を最大限に活かした、深く豊かに広がるサウンドをお楽しみいただけます。
ユニットを支えるフレームには新開発のアルミダイキャストフレームを採用し、サウンドエネルギーのロスを低減。また、裏板に強固に固定された直出しタイプのバイワイヤリング対応スピーカー端子や、切れの良い低音を実現する無垢の樽材による削り出しポートなど、素材の質感に負けない音づくりを徹底しています。

「ABDテクノロジー」によるキレのある低音再生

トールボーイ型の低音域再生を曇らす原因となる上下方向の定在波を解消するため、理想のユニット&ポート配置を実現する「ABDテクノロジー」を採用。
定在波をキャンセルし、クリアでスムーズなキレのあるサウンドを実現します。

  • ABD(Acoustic Balance Drive)テクノロジー:スピーカーシステムのエンクロージャー内での不要な定在波をキャンセルすべく、ウーファーとポートの位置をシミュレーション解析により最適化する技術です。

用途を広げるデザイン性能

S-PM300はセミトールボーイ型なので、インテリアとのマッチングの幅が広がります。ユニット部分を覆う濃緑のグリルネットを付属し、ピュアモルトスピーカーならではの雰囲気をお楽しみいただけます。また、専用に開発されたスピーカースタンドCP-PM300もご用意。一部に樽材を使用した高品位な専用スタンドです。

ウイスキーを熟成させる樽はホワイトオーク(楢)の大木からつくられ、モルト(原酒)を醸す歳月は約50年から長いものでは70年以上におよぶといわれています。森で生まれ樽となり、その歳月はあわせて150年超。やがてウイスキーの熟成力は失われても、樽材は厳選された最高級の素材であり、まだまだ多彩な用途に使えるものでした。そこでサントリーは90年代の中頃より、家具や生活雑貨への再利用を開始。パイオニアは、その風合いに惹かれ、サントリーとともに1998年、初代ピュアモルトスピーカーS-PM1000-LRを開発しました。S-A4SPT-PMは、そのエコロジー思想を受け継ぎ、さらに最新の技術を投入して生まれたスピーカーです。その独特な素材が奏でる、薫り高き響きをぜひお楽しみください。

銘機S-A4spiritのサウンド設計を継承

小型ブックシェルフ型スピーカーの銘機として評価の高いパイオニアのコンポーネントスピーカーS-A4spirit。その優れた技術をもとに、アピトン合板の強度をも凌ぐホワイトオークの樽材による高剛性エンクロージャーの特性を最大限に引き出すサウンド設計を行いました。スピーカーユニットはセンターキャップも振動板と同じアラミド繊維を使用した新型10cmウーファーユニットを搭載。また、裏板に強固に固定された直出しタイプの高品位スピーカー端子や切れの良い低音を実現する無垢の樽材による削り出しダクトなど、隅々まで素材の優れた質感を大切にした音づくりにこだわりました。

琥珀色の美酒を育んだ樽材が生み出す個性豊かな風合い

キャビネットに用いられるウイスキーの樽材は、高級家具などに使われる木材と同じ柾目取りといわれる方法で切り出された贅沢な素材。その柾目板の特長であり昔から高級品の証とされるのが“とらふ (虎斑)”と呼ばれる自然の模様で、S-A4SPT-PMにもこの模様が見られるものがあります。また、樽の側板(がわいた)を使った集成材(ムク板)ならではの特長として、樽の釘跡やウイスキーの染み跡など、一つ一つが異なる個性を持っています。そのため左右のエンクロージャーで木目が揃いませんが、それも天然木ならではの証。その微妙な違いや風合いもデザインの一部としてお楽しみください。

TADテクノロジーを受け継いだパルプ振動板

スピーカーのウーファー部には、世界中のプロの録音現場で鍛えぬかれた「TAD」のノウハウを継承したパルプ振動板を搭載。稀少なパルプを細かく粉砕し、良質な水で漉き上げ、専用の1個取りの金型で生産するという、非常に手の込んだ工程を採用しています。化学繊維などの人工素材では叶えることのできない、天然素材ならではの高い剛性と内部損失を達成。よりピュアな音の響きを実現。また、同心円状に施したコルゲーションリブが振動板の強度を高め、レスポンスのよい音を可能にしています。

  • TAD(Technical Audio Devices)

新素材「発泡ポリカーボネート系ウレタン」を採用したエッジ

エッジ部には軽く、そして内部損失に優れた新素材の「発泡ポリカーボネート系ウレタン」を採用。リニアリティーに優れたTAD伝統のコルゲーション形状により、微小な音を忠実に再現します。

機材の持ち味を活かしたこだわりのエンクロージャー

裏板に強固に固定された直出しタイプの高品位スピーカー端子や、切れの良い低音を実現する無垢の樽材による削り出しポートなど、隅々まで素材の質感を大切にした音づくりにこだわりました。

樽材が生み出す、唯一無二の風合い

「S-A4SPT-VP」のエンクロージャーの色はセルティーオーク。それは焼き入れされた樽の色で、気品のある落ち着いた深いブラウン。エンクロージャーに用いられるウイスキーの樽材は、高級家具などに使われる木材と同じ柾目取りといわれる方法で切り出された贅沢な素材。その柾目板の特長であり昔から高級品の証とされるのが“とらふ”と呼ばれる自然の模様で、「S-A4SPT-VP」にもこの模様が見られるものがあります。また、樽の側板を使った集成材(無垢板)ならではの特長として、樽の釘跡やウイスキーの染み跡など、一つ一つが異なる個性を持っています。左右のエンクロージャーで異なる木目は、天然木ならではの証。その自然な風合いもデザインの一部としてお楽しみください。

インテリアに合わせて、表情を楽しめる

シックなセルティーオークカラーのエンクロージャーに合わせて、2つのグリルネットをご用意しました。暖かみのある濃赤と、落ち着きのある濃緑。インテリアやお好みにあわせて、お好きな表情で楽しめます。