スピーカー

  • チェック

【バーチカルツインスピーカー】音の世界に、浸りきる。

音の世界に、浸りきる。

“音楽の感動を忠実に再現する”というパイオニアの想いが生んだ、確かな音像定位と広い音場感で時代を拓いたバーチカルツイン方式。今、不要な共振が極めて少ないウイスキー樽材と高次元で融合した、バーチカルツインスピーカーシリーズ「S-PM50」「S-PM30」として新たに誕生しました。あなたを音の世界に誘い、至福の時をもたらします。

バーチカルツインスピーカー

点音源へのこだわりとバーチカルツイン方式の採用

スピーカーシステムが理想とする点音源実現のために、さまざまな方法が考えられた中で、その音像定位感と広い音場感からバーチカルツイン方式を採用。1987年に世界初の民生用バーチカルツインスピーカー「S-55TWIN」を発表し、その歴史の幕を開けました。時代ごとに最適なデバイスとエンクロージャーを選択することで、一時代を築くとともに、その思想は今に続く進化を遂げています。

S-55TWIN 1987年

S-55TWIN
1987年

S-99TWIN 1988年

S-99TWIN
1988年

S-5000 twin 1990年

S-5000 twin
1990年

スピーカーシステムの理想“点音源”を実現するために考えられたバーチカルツイン方式を採用

バーチカルツイン方式とは、トゥイーターを中心に2つの同口径・同一性能のウーファーを上下に配置し、低域があたかもトゥイーターを中心に出ているように聴こえる、同軸スピーカーと同等の効果を得る方式(仮想同軸方式)。明確な音像定位、豊かな音場感を再生できるとともに、コンテンツの情報を忠実に引き出せるため、今までは聴こえてこなかった音の再生を実現します。
通常の方式/バーチカルツイン方式

ハイレゾ音源を余すことなく再生する広帯域トゥイーター「ワイドレンジドライバー」を新開発

広帯域トゥイーター「ワイドレンジドライバー」には、鋼鉄の1/5の軽さと5倍の強度を持つ高強度のバイオマス素材セルロースナノファイバー(CNF)を混抄した振動板とともに、不要な共振を抑える高強度のアルミダイキャスト製フレームを採用。ウーファーとのクロスオーバー周波数を750Hzに下げること(従来のクロスオーバー周波数:2~3kHz)で、主要な再生周波数帯域を中央のトゥイーターで再生できる、より進化した仮想同軸方式のシステムに仕上げています。これにより、大音量やパルシブな音でも破綻せず、音の情報量が増し、クリアで抜けの良い高域を実現。さらに、S-PM50には、「ワイドレンジドライバー」に「ウェイブガイド」を採用し、時間軸の特性をコントロールすることで、よりクリアな音質と豊かな音場感を再生します。

ワイドレンジドライバーユニット

ワイドレンジドライバー

ウェイブガイドを装備したワイドレンジドライバーユニット(S-PM50)

ウェイブガイドを採用したワイドレンジドライバー(S-PM50)

確かな低域再生を実現する新開発ウーファーユニット

新開発のウーファーユニットには、アラミド繊維振動板とともに、共振を抑える高強度のアルミダイキャスト製フレームを採用し、入力信号に対し確かな低域再生を可能にしています。

S-PM50用13cmウーファーユニット

S-PM50用13cmウーファーユニット

不要な共振が極めて少ないウイスキーの樽材を使用した高剛性エンクロージャー

エンクロージャーにはウイスキーの熟成に何十年もの間使用され、木質が固く緻密なホワイトオークの樽材を使用。通常のパーチクルボード(集成材)に比べ剛性で4倍、内部損失で2倍の能力があり、不要な共振が極めて少ないため、クリアな音を再生します。また、音の回折の影響を抑制するバッフル両端のラウンド形状により、自然な音場感を実現するとともに、エンクロージャー内部のワイドレンジドライバー背面には、ウイスキー樽材を使ったオリジナル形状(特許申請中)のチャンバーを採用しており、定在波を低減。バーチカルツイン方式と相まって、明確な音像、豊かな音場とともにコンテンツが持つ情報を忠実に表現します。さらに、高級感のある唯一無二の材料として、樽材の木目の質感を活かした独特の風合いに仕上げています。
不要な共振が極めて少ないウイスキーの樽材を使用した高剛性エンクロージャー

新しいバーチカルツインスピーカーにふさわしい新開発ネットワーク回路

S-PM50、S-PM30それぞれに新規開発したネットワーク回路は、高域用と低域用に回路及び基板を独立させ、クロストークの影響を受けない設計を施しました。また、高域用には、高品位フィルムコンデンサー、OFC線採用空芯コイル、低域用にはOFC線採用ケイ素鋼板コアコイルなど高音質部品を採用し、位相特性に優れたレスポンスを実現しています。

ネットワークを構成する高音質部品群

ネットワークを構成する高音質部品群

樽材を使った専用ダクトと金メッキスピーカー端子

積層した樽材から削り出したダクトを採用し不要な振動を抑制。確かな低域を再生します。また、スピーカー端子には、直出し金メッキタイプを採用。さらに、S-PM50はバイワイヤリング接続に対応しています。

S-PM50

S-PM50

S-PM30

S-PM30