ユニバーサルディスクプレーヤー

  • チェック

高品位で快適なディスク再生のための筐体づくりを追求

Ultra HD ブルーレイディスクは、最高5,000rpmの高速回転をするため、その対応が求められます。UDP-LX500ではディスクの回転によって生じる振動ノイズや騒音ノイズを外部に極力漏らさない筐体づくりを追求。放熱孔レス構造や振動低減技術をはじめとした、パイオニアが長年培ってきた機構技術の粋を集め、高品位かつ快適なディスク再生を実現しました。

機能詳細[筐体性能]

電磁気的相互干渉を徹底除去する「3分割レイアウト」構造

筐体内部の「電源部」、「ドライブ・デジタル部」、「アナログオーディオ部」を3分割で配置することにより、各ブロックの電気的・磁気的な相互干渉を排除しています。

3分割レイアウト
3分割レイアウト

静音性と筐体の高剛性化を実現した「放熱孔レスボンネット」構造

回転系の音漏れ要因を極力排除するため、電気回路設計の最適化によって温度の上昇を抑制。それによって筐体内部の熱を外部に逃がす放熱孔をボンネット及び背面から除去したフラットな設計にすることにより、高い静音性とともに、より一層強固で安定した筐体構造を実現しています。

放熱孔レスボンネット

高剛性化と低重心化を実現する3mm厚鋼板リジッドアンダーベース

底面には1.6mm厚の鋼板シャーシに加えて3mm厚の鋼板リジッドアンダーベースを採用することにより、極めて高い剛性と低重心化を実現。総重量10.3kgの重厚な造りが高速で回転するUltra HD ブルーレイの高品位な再生を支えています。

3mm厚鋼板リジッドアンダーベース

ディスク共振を抑制するシールド構造を採用。揺るぎない制振性と
高剛性を叶える「リジッド&クワイエットBDドライブ」

BDドライブは、ハニカムメカカバーによるシールド構造を採用することで、Ultra HD ブルーレイディスクの高速回転による共振を抑制。筐体内部で発生する定在波の低減にも貢献しています。ドライブは、シャーシに強固に固定された鋼板ドライブベースに減衰性の高いラバー素材をダンパーとしたフローティング構造により設置。これにより、ドライブの内外に発生する振動の伝達を最小限に抑制します。さらに、ディスクトレイの剛性を高めるトレイシャフトの採用や、トレイ部にも制振塗装を施すなど、パイオニアの長年の光ディスク再生技術に基づいた、ドライブの動作をより一層安定させる設計を採用しています。

高性能リジッド&クワイエットUHD BDドライブ
高性能リジッド&クワイエットUHD BDドライブ

機構内の振動伝達を徹底的に抑制「アコースティックダンパートレイ」

パイオニアの光ディスクプレーヤーではディスク回転による振動を外部に伝達させない技術を長年培ってきました。その工夫の一つが「アコースティックダンパートレイ」。ディスクトレイとドアが分離しているため、ディスクの高速回転による振動がドアに伝わらず、加えて、ドライブ下部ではダンパーをシャーシからフロートして取り付けているため、底面にも振動が伝わりにくい構造となっています。これにより静音性と制振性を高めています。

アコースティックダンパートレイ