AVレシーバー

  • チェック
VSX-S510 デザインか。性能か。妥協はしない。

機能詳細[高画質&HDMI®入出力]

「4K映像信号パススルー」に対応したHDMI®端子
(3D映像※1&ARC※2にも対応)

4K映像時代に向けて4Kパススルーに対応

映像規格4K信号に対応したHDMI®端子により4K対応ディスプレイやプロジェクターへ出力が可能。4K出力が可能なソース機器が今後登場した際もそのまま対応できます。また、3D映像フォーマットの伝送。Deep Color、“x.v.Color”の対応。さらに、テレビチューナーで受信した地上・BS・CSデジタル放送の音声の逆伝送、オーディオリターンチャンネル(ARC)もサポート。多彩なメディアの音と映像が楽しめます。

4K映像時代に向けて4Kパススルーに対応

  • 次の必須フォーマットに対応しています。フレーム・パッキング: 720p@50 Hz/59.94 Hz/60 Hz、1080p@23.97 Hz/24 Hz、サイドバイサイド(ハーフ): 1080i @50 Hz/59.94 Hz/60 Hz、トップアンドボトム: 720p@50 Hz/59.94 Hz/60 Hz、1080p@23.97 Hz/24 Hz。また、HighSpeed HDMI®Cableでの接続が必要です。
  • ARC対応のテレビとの接続時。

Android機器をプレーヤーにHDコンテンツを再生。
3D動画にも対応。「MHL 2」

Androidの動画をそのまま大画面に(1080pフルハイビジョン対応)

フロントHDMI®端子は、MHL(Mobile High-definition Link)にも対応。Android機器と市販のMHL専用ケーブルで接続すると充電にも対応しているので、バッテリー残量を気にすることなく、音楽や動画(3D対応)など多彩なコンテンツが気軽に楽しめます。

6(フロント1含む)入力/1出力の充実のHDMI®端子で、
BDプレーヤーやゲーム機など多彩な入力に対応

MHL入力兼用のフロントHDMI®端子をはじめ、HDMI®入力を6系統装備。ブルーレイディスクプレーヤーはもちろん、地上・BS・CSデジタル放送やテレビゲーム機、デジタルビデオカメラなど多彩な機器を接続し、ご家族全員で楽しめる快適なホームシアターの構築が可能です。

さまざまな機能操作や設定をディスプレイ画面で確認、
「シンプルオーバーレイ」表示

プロジェクターをお使いの方やラック内にAVレシーバーを収納している方など、視聴位置から本体のFLディスプレイが見えなかったり、離れていて見づらいといった方に便利な機能を搭載しました。リモコン操作に合わせてTVやプロジェクター画面の隅にステータスを表示。ボリューム調整、DSPサラウンドモードの変更、パイオニア独自機能のON/OFF、インプット切替の結果などが表示でき、映像を見ながら操作の確認できます。

シンプルオーバーディスプレイ表示