iControlAV2

アプリケーションサポート & ガイド

AVアンプとBlu-rayプレーヤーの高度な機能をシンプルかつ直観に。
iで操る、先進の快適スタイル。

これからはiPhone/iPod touchで、
システムを快適コントロール。

Wi-Fiネットワーク環境下で、iPhone/iPod touchを使いAVアンプとBlu-rayプレーヤーの基本機能を自在に操る楽しさを実現します。
ホームシアターが、プラス“i”のアプリケーション機能で快適性が進化。
あなたのオーディオ & ビジュアルライフをもっと快適に楽しむためのiPhone App「iControlAV2」。

  • 対応AVアンプ:VSA-921, VSA-1021, VSA-LX55,
    SC-LX75, SC-LX85 (2011年9月現在)
  • 対応Blu-rayプレーヤー:BDP-LX54, BDP-430, BDP-LX53, BDP-330,
    BDP-140, BDP-440, BDP-LX55 (2011年11月現在)

* 当アプリは2011年3月以前に発売されたAVアンプでは動作しません。

AVアンプ、Blu-rayプレーヤーの基本機能を指先ひとつで快適操作。

CONTROL機能

CONTROL機能

CONTROL機能

CONTROL機能

ボリュームつまみにタッチして指先で回せば、音量の調節ができます。さらに、電源のOFFや音声ミュ-ト、ZONE切り替えなども機種により対応可能。また、その他に入力やリスニングモードのセレクト機能やAUDIO/VIDEOのステータス情報の表示なども呼び出せます。

PRECISION機能

PRECISION機能

パイオニア独自の高音質化技術、HDMI接続のジッターレス伝送を実現する「PQLS機能」及び、マルチチャンネルスピーカーの正確な位相制御を可能にする革新的な高音質技術「フェイズコントロール」など様々な高音質化機能の設定が行えます。またこれらの機能の効果を分かり易く説明するデモムービーをご覧頂けます。
フェイズコントロールプラスでは 低域成分(LFE)の遅延を1msec単位で調整出来ます。
またバーチャルスピーカーの設定や圧縮された音声の補正を自動的行うオートサウンドレトリバーのON/OFFも可能です。

EMPHASIZE機能

EMPHASIZE機能

iPhone/iPod touchの加速度センサーを使って、セリフ(Dialogue)と重低音(Bass)の調整が独立に可能。iPhone/iPod touchを傾けることで、センタースピーカーとサブウーファーの出力レベルをコンテンツや状況に応じて、お好みでコントロールできます。操作の状態に応じて、それぞれのスピーカーのわかりやすいアニメーションが表示されます。
また、画面を指でなぞるだけで簡単にEQ特性を変更・保存可能な“Finger EQ”を新たに搭載しました。

BALANCE機能

BALANCE機能

iPhone/iPod touchの加速度センサーを使って、マルチチャンネルのスィートスポットの調整が可能。iPhone/iPod touchを傾け、画面上に表示されたバランスカーソル(画面上に表示される青いボール)を移動させることで、その日の視聴位置に合わせた各スピーカーチャンネルの出力バランスの調整が可能です。

Other Function

リスニングモード セレクト:

AUTO SURROUND、ALC、DIRECT、EXPANDED THEATER、DRAMA、ACTION、ROCK/POP、SPORTSなど、コンテンツや好みに合わせて21種類のモード選択が可能。

入力切り替え:

ブルーレイディスクやDVD、VIDEO、TV/SATなど、MAIN及びZONEで再生する入力ソースの切り替えが可能。

AUDIO/VIDEOステータス表示:

現在ソース機から入力されている信号(音声・映像)とAVアンプで処理され再生されている信号(音声・映像)のステータスをご確認頂けます。

アプリケーション & テクニカル サポート

ご使用方法、よくあるお問い合わせ(FAQ)、トラブルシューティングはこちら

iPodは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。